ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

「ガン呪縛」を解く 読んでます 

2009/02/27
Fri. 00:23

先月訪れた徳島の友人から 『「ガン呪縛」を解く』(著者 稲田芳弘氏)が
送られてきましたので早速読みはじめています。
過去参考記事 http://hanegin.blog60.fc2.com/?q=%A5%AC%A5%F3%BC%F6%C7%FB

内容は現代医学の勘違いに基づいて構成されてきたガン医療を覆す
「千島学説」についての本です。
なぜ今の勘違いが起きたのか、なぜ千島学説が受け入れられなかったのかなど
現代医学の理論の不透明性について述べています。

抗がん剤、放射線、手術に関しては、効果的ではなく、返ってリスクが高いと否定的でした。

また、ガンは赤血球が変化したもので、局所的な病気ではなく、切ればいいというものではない。
血液の劣化を正す必要があり、その為には食事が重要だが、
それだけではなく「気」や血流やエネルギーの流れを正す事も必要との事。
このあたりまで進むと物理学っぽい話にも突入し、
急に読み進むスピードが落ちてしまいましたよ~。(^_^.)

造血の話などは、下地もあるので(夫が白血病だったので)
スルスルと読めましたが、超エネルギーだの、分子だの量子だのが出てくると
なかなか理解でませんがな。。。_| ̄|○ il||li

白血病つながりでこちらに来てくださっている皆様は
よくご存知の「幹細胞」についても真っ向から否定されておりました。
皆さん、骨髄の中にある幹細胞が、赤血球、血小板、白血球に成長すると
先生から説明を受けたと思われます。本にも大抵そう書いてありますよね。

でも千島学説では細胞分裂そのものが否定的で、
全ての細胞は摂取した食べ物から、腸内で赤血球から作られている、という説なのです。
何かの細胞になっても必要があればまた赤血球に戻る事もあると。。

これらはちゃんと顕微鏡下で確認されたで、論文も提出されましたが、
従来の説を根底から覆すものであり、医学会では黙殺されてきたとの事。

で、この千島学説の信憑性について熱く解き明かしているわけです。
なんか長くなりそうなので、丸めちゃいました・・。

でも1箇所どーしても腑に落ちなかったのが、
「造血の定説として、血液は主に手足の長骨で作られているとあるけれど、
障害などで手足の長さが十分出ない人でも元気でいるじゃん。
これって、なんか矛盾してね?」的な事が書いてあったのですが、

長骨じゃなくて腸骨(腰骨)の勘違いなのでは?と思ってしまいました。
私が先生から聞いたのは、子供の頃は手足の骨の骨髄でも造血しているけれど
大人になるにつれ、手足では造られなくなって
重に腸骨や胸骨など大きな骨で造血しているとお勉強した記憶があります。
だから痛いマルクを腸骨や胸骨でグイグイとやられる訳で・・。

【マメ知識】
マルク=骨髄穿刺(こつずいせんし)
検査の為に骨に太い針をさして中の細胞を採取することです。
白血病など造血疾患がある方は避けて通れない痛い検査です。


という事でここで私の信用を落としてしまったりする訳ですが、
食事や気血の流れが大切というのは、判るし、それ以外でも腑におちた箇所はありました。
でもそれだけ正しくて効果のあることならば、なぜ浸透しなかったのか・・。
そこには医療ビジネスも絡んでいるみたいだけど、よく判らないですねぇ。

実際に食事療法や気血の流れを良くして、ガンを克服した方の例も
載っていましたが、白血病に関しては何ヶ月も食事療法している余裕は無いしなぁ。

この学説を信じていいのかどうか、正直わかりません。。
(といって全部に対して懐疑的になっているわけでもありませんよ)



全部読み終わって、また書けそうだったら続編書きます。
消化不良気味ですが、今日はこれで・・。


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

マンモグラフィ初体験 

2009/02/12
Thu. 15:16

なんとなく胸が張る状況が続いています・・。

卵巣の事もあったので、急に胸も気になり始めました。
インターネットで検索をかけたら、調べる方法が載っていたので
腕を上げて自分で触診してみると、あれっ?しこりが・・・。




・・・・・いやぁぁぁぁぁぁぁ。



半年位前に右側の胸に痛みを感じ、エコーで検査をした時には
「機能的な痛みでしょう」との事でした。
が、そういえば相変わらず右側が痛いような・・・気がする。

ジムでチェストプレス(胸の筋肉を鍛えるマシン)もしているので、
筋肉が張っているのかな?と思った時もあったのですが、
しこりは絶対違うし。。

この間行った大学病院の乳腺科を受診する?
でもな~、またその検査の為に放射線科の予約を取ったり
病理診断を待つのも時間かかりそうだしなぁ・・。

と、インターネットでクリニックを検索していたら、
おお!マンモグラフィも針生検の結果も含め、
1時間ほどで結果が判るクリニックを発見!
ウチからのアクセスもよいので、今日行ってきました。

経験者は痛いという人が多い、マンモグラフィにちょっとドキドキ。。。
なんとなく、上下にはさむイメージでいたら、縦に挟まれました。
確かにちょっと痛かったけれど、ちょっと顔をしかめる位で済んで一安心。

その後エコー検査。
頭の上にある画面をチラチラ見ていたら、
なんか黒く映る点状のものが。。。
そしてそこで何枚か静止画撮影。

何なの?何なの?
超気になる・・・・・。


そして待合室でしばし待ち、先生に呼ばれて診察室へ。
例の黒い部分が映っている画像が映し出されていて、ドキドキ。


結果から言うと、しこりは乳腺症というもので、
ホルモンのアンバランスによって生じ、病気とは判断されないとの事でした。
胸の張りもそのホルモンのに反応しているのだろうとの事。
とりあえず一つ心配ごとが減って良かったです。

って事は卵巣の腫れもそれが原因かもしれません。
どちらにしてもこちらは要治療だけど。


ところで~。

この間ブラを買いました。
その時、私ってこんなにカップ大きかったっけ?って思ったのですが、
それもホルモンのせいなら、後でしぼむって事だよね?

サイズが合わなくなっちゃうじゃん・・・。


[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

健康保険料について 

2009/02/06
Fri. 01:08

今入っている社会保険を任意継続するのと、
退職に伴い国保にするのと、どちらが有利か判断する為
区役所に保険料を聞いてみました。

特別徴収税額(5月ごろの給与明細に入っている細長い紙に書いてある)
がわかっていれば、区役所で計算してくれます。
国保にすると、私は介護保険も含め年額68万円、
月額約5.6万円・・・・高っ。

で、任意継続の場合は月額約3.1万円。(これは会社に確認です)
もちろん任意継続に決定~!

皆さん、会社からも予め説明があるとは思いますが、
退職したからとサッサと国保に入ると、このように損するケースがありますから
確認をお勧めします。

健康保険料、結構高いですよね。
年に1回位、風邪でかかる程度だから
保険料無しで自費でも良いよ~、ってちょっと思っちゃいますが、
まあいつ、どんな病気になるかわからないしね・・・。


実は今日婦人科の検診を受けに行ったのですが、
大学病院への紹介状をもらっちゃいました。

検診の前には英会話の体験レッスンに行って(まだ探していた)
よ~し、ここに決めた!って思ったばかりなのに~。
ジュエリーの方も2回目の所がいいかなぁと、思い始めたところで
今回の病院送り。

意気消沈です・・・。

とりあえず検査に行ってきます。

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

そしてまだ神山での話しは続きます。
今回は一転してがん治療について。

「アーティスト・イン・レジデンス」を主催しているNPO法人グリーンバレーの後援で
がん治療に関する講演会が開かれるそうです。タイトルは

「ガン呪縛」を解く ソマチッド 714-X そして千島学説
http://www.in-kamiyama.jp/events/3696/

その後援の講師の方は、「ガン呪縛を解く」という著書の稲田芳弘さんという方です。
西洋医学とは全く違う考え方で、がん細胞を抗がん剤で叩くのではなく、
体の免疫力を高めて治す、というような内容のようです。

今回お世話になった方々もこの講演会の運営に関わっていらっしゃって、
少しお話しする機会がありました。
その方は、その本や学説にとても感銘を受けたとの事で
出来るだけ多くの方に聞いていただきたいと、活動なさっていました。

お会いした時、その方は骨髄移植の例をとって
学説の一部をおしえてくれました。(私の夫の事はご存知なかったので)
その本の中では骨髄移植も否定的に書いているようなので、
私はその方に血液の幹細胞のことや、骨髄移植で治癒されている例があること、
移植された方は、遺伝子がドナーさんのものになっている事などを説明しました。
抗がん剤についても質問されたので、夫が使った薬の効果や副作用など
知っている事をお話ししました。
いや~、旅行先でこんな話をする事になるとは夢にも思いませんでした。

私が疑問に思ったことに、その方は答えられなかったけれど(専門の方ではないので)
千島学説や、ソマチッド(ガン治癒率75%を謳ってる)については興味が沸きました。

読みたい気持ちと半々です。。
(私には)ちょっと信じがたい内容も書いてあります。
骨髄移植や造血について、否定的なのも気になります。。
興味があるかたはこちらをどうぞ。目次が見られます。
http://www.creative.co.jp/top/main3010.html

ソマチッドとはフランス系カナダ人のガストン・ネサン氏が発見した
ヒトの血液中に存在する極微小な生命体の事らしいです。
そしてこの研究を元に714-Xという特効薬を作ったようですが、
医学的には認められていません。
薬は個人で輸入しなければならないようですし、
病院がそう簡単に使わせてくれなさそうですよね。


ところで、旅行に行く前に、やはりご主人を白血病で亡くされた方とお会いする機会がありました。
その方はホメオパシーにご興味があるとの事で、勉強を始められる予定とか。
ホメオパシーも自然治癒力や免疫力を高める治療のようなので、
この千島学説と似ている部分もあるのかしらん。

やっぱり読んでみようかな。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。