ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

めくるめく時間 

2012/06/05
Tue. 13:25

この間、新宿の某ホテルで、素敵なひと時を過ごしました。

ブログを拝見して、一方的に存じ上げていたある方と、
友人を介してお目にかかれる事に!

普段からブログは拝見していたので、
どんな方かと思いをはせながら、
いそいそと待ち合わせの場所へ・・・

ロビーにいらっしゃるスーツ姿のあの方かしらん。
先方もすぐにこちらがお分かりになったご様子。

初対面のご挨拶も早々に、
めくるめく時間の始まりです。

最初は遠慮がちでしたが、徐々に大胆になっていく私達。
溜息をつき、感嘆の声をあげ、我を忘れていきます。
時には形や重みを確認し、顔を近づけて・・・



気が付けば、あっという間に2時間以上が過ぎていました。




めくるめくひと時の様子はこちら。

↓ 緑のバナーの下にある "READ MORE" をクリックしてね



スポンサーサイト
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 1

page top

色石の小細工 

2011/10/19
Wed. 16:31

先日ビックリなモノを見せてもらいました。

工房のお友達がリフォームの為、リングの石を外していました。
脇石に使われていたガーネットを外したら、底に白いものが・・・。

ん??糊??

よく見ると、白いものはシールです。
はがしてみると、石に張り付いてた面はピンク色。
結構な数がありましたがすべて同じ状態。

シールをはがしたガーネットの色はオレンジというかアンバーというか・・
ガーネットのあの深い赤味ではありません。
そう。綺麗な赤色に見せるために色つきシールが貼ってあったのです。

くぅ~、なんて姑息な小細工だ。

この業界にいればよくある事なのかもしれませんが
実際に目にしたのは初めてなので、よーく見せてもらいました。

このような場合、お客様には真実をお伝えするしかないのですが、
ご本人の思い入れの深いものや、高価なお買物だった場合は
ショックですよね。

私達も申し上げにくい・・


高いもの、安いもの、それなりに理由が潜んでいます。
納得の上、買うのは構わないけれど、
不当な価格の商品を買うのは、避けたいですよね。

間違いの無い商品をお届けできるよう
私も目を肥やして勉強しなければ。
信頼のおける仕入先もね。

と、思った出来事でした。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

南洋真珠ゲット 

2011/09/14
Wed. 01:05

先日宝飾展でパールを買いました。
特に具体的に何を作るという予定はなかったのですが、
宝飾展では普段よりも安く入手できるチャンスなので
南洋真珠を2粒だけ買ってみました。

パールは形、色合い、照りなど、一つ一つ違うので
色々と目移りしてしまい、選ぶのが大変でしたよ~。
でも、カメラも写り込む位、照りの良いのを選びました。

ゴールド系の方はちょっといびつなんですが、
それが柔らかな雰囲気を醸し出し、大人の可愛さです。

ブルー系は少しピンクも入ってとても上品。
これは自分用のリングを作るつもり。
フォーマルな席でつけるものが無いので、挑戦してみようと思っています。
ダイヤも入れてキラキラさせたいけど、
それじゃ弔事用には使えないので、ガマンだわ。

P1120374.jpg


後ろの小さいのはアコヤ真珠のバロックです。
これも結構長い事持ってるんですが、デザインが浮かばないの (^_^.)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

お値段には理由がありました 

2010/09/02
Thu. 01:35

※文中にある石の価格の計算を間違えていたので修整しました。
1.5倍ではなく正しくは3倍でした。



この間黒いキュービックジルコニアを買いました。
家に帰ってライトの下で見てみたら・・・

あれれ??
白っぽく見える部分があって、最初ホコリがついているのかと
指でこすっちゃいましたが、取れません。
ルーペで覗いてみたら、表面がザラザラで光沢が無いのでした。
プロポーションも悪いし、高さにもばらつきが・・

お店では気が付きませんでした。
袋に入っていたのと、小さくてよく見えなかった(-_-;)



一方最近アートクレイの定番商品となった、
スワロフスキー製のキュービックジルコニアを見てみると
全然違います! 形も研磨も綺麗です。

こちらはGIA(米国宝石学会)が定義するダイヤモンドの
カットクオリティに基づき開発されたものだそうです。

どんだけ違うかというと~、



blk cz


んねっ。上はガタガタでしょ~。
石の直径(2mm)は大体そろっているんですが、ガードルが厚いし、
その厚みもバラバラ。軸もずれているのがあります。
マシーンカットと書いてあったんだけど、こんなものなのかなー。


下のはスワロのもので、お値段は、定価換算で約3倍違います。
まあこの差をみると納得。。。
やっぱり綺麗に仕上がる方がいいよね~。
上の石、結構買っちゃったんですが
これは・・練習用と自分用にします。


今まで品質の安定しているものを買っていたので、油断していました。
これから石を買う時にはルーペを持っていかなくちゃだわ。(というか常識?)

もう私の肉眼は役立たずね。。。




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。