ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

引き続きオーダーリングです。

先日の日記のイニシャルと同じデザインではつまらないので
別のデザインで・・・との事。

私がいたずら書きをしていたノートをみて
縦に石を並べたものが面白いと気に入ってくれたので、
それを元にデザインしてみました。

基本はお任せで、条件は「クールビューティー」なイメージ・・


blk cz ring

blk cz ring@


どうでしょ。
おなじたる型で作ってみました。
あえてのボリューム感で、クールな大人の女性のイメージです。

パッケージングも大人っぽくね。

パッケージ_blk


ご本人にはとても喜んで頂けたので良かった。
この路線はTesorinoとは別ブランドで展開したいと思っています。



明日から瀬戸内のアイランドホッピングに行ってきます~


クールビューティーだと思って頂けたら・・・
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

イニシャルリング 

2010/09/29
Wed. 13:04

私が着けているリングを見て気に入って頂き、
同じデザインでメンズリングのオーダーを頂きました。

たる型MOリング


リング幅も厚みもタップリあるのですが、
とても指なじみの良いリングです。
シンプルなデザインで重量感があるので
シルバーでも幅広い年齢層にお使い頂けそうです。
内側にはラブラブなメッセージを刻印してあるんですよ。


こちらのリングはプレゼント用で、
ご依頼人様用には、また違ったテイストのものをお作りしたので、
次回アップしますね。


でも~、このリング、
結果的に彼と私のリングがお揃いになっちゃってるんですけど
いーのかな~。。。。( ̄∇ ̄;)


お揃いの輪を広げたい方、ご注文賜ります(笑)

ちなみに写真のリングは17.5号 リング幅14mm 重量26.3gです。
(10号の場合、リング幅13mmで重量約20g)
価格はサイズにより1.7万円~2万円位、内側の刻印は500円~になります。

リング幅やフォント/文字数の変更、凹で彫るなどカスタマイズも可能です。
デザイン画で確認していただいてから制作させて頂きます。
お問い合わせはブログのメールフォームよりお気軽にどうぞ。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

スクエアトップリング 

2010/09/28
Tue. 01:30

最初から手こずったリングです。

慣れないせいもありますが、
トラブル続きで、対処するのに時間がかかりました。
1つ1つ対処法が覚えられるから、勉強になるんですけれどね~。

磨きも途中で投げてます。
トップと腕は別々に作って、
後でロウ付けすればよかったかなー。

もうこれは完全に練習台となってしまいました。


今日は石留め。
写真撮って気が付いたんですが、
これまた少し縁を潰してますね。
もうひと磨きすれば直るかな。

難しいね~。
日々修業です。

しましまリング@@




・・・・でも、

外に投げる事も覚えてしまった今日この頃なのです。
その分コストは掛かるけれど、
熟練の職人さんの仕上げを見るのも、参考になるし。


直接依頼すると、お願いするときの注意点等も解ってくるので、
別な意味で勉強になってます。



カリキュラム課題はちゃんと自分で仕上てますよ~。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

男木島がぁぁ・・・ 

2010/09/27
Mon. 01:03

今週末から行く予定の瀬戸内国際芸術祭。
その会場にもなっている男木島で火災があったらしく
展示場になっている建物も燃えてしまったようです。

その島には行く予定だったんだけど、
ルートから外す必要があるかも。。



ところでパールジュエリーデザインコンテストのサイトの、
作品ギャラリーに写真がアップされましたので、宜しければご覧下さい。
黒バックで、私が撮ったものとは違った雰囲気です。
一覧の写真をクリックすると拡大されますよ。

講評を伺ってみたいな~。


[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

またしてもこっそりと、応募していたコンテストがあるんですが~
第14回 パールジュエリーデザインコンテスト」です。

例によって、締切間際にリングを1点出しました。
小さな作品ですし、派手さも無いので、
コンテスト応募作品としてはどうかな~と、思いながら。。
しかも例によって雑さの残る仕上がり。。。

入選か佳作位取れないかな~と思っていたところ、
なんと特別賞を頂く事ができましたので、
ハレて発表させていただきます!

「銀粘土で作るシルバーアクセサリーコンテスト」では入選でしたけれど、
今回は賞を頂けたのでとても嬉しいです!

こちらが今回の応募作品です。銀粘土で作りました。

第14回パールジュエリーコンテスト応募作品
Title: The Moon


お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
白唐草黒唐草リングの応用バージョンです。


作るときにまず考えたのは、燻す作品にしようと思った事。
シルバーは、どうしても黒ずんできてしまいますが
後で綺麗にしようと思っても、液状のクリーナーは使えないですし、
パールの際まで綺麗に磨くのは私には無理そうだし、面倒くさい!

・・・・って事で、パールを置く面は燻してしまいました。

黒い部分はザラっとしたテクスチャーをつけ、
それ以外は、しっかり鏡面に磨いてあります。

本当はCADでデザインしたものも作りたかったんですが
それは次回頑張ります~。


このコンテストは、愛媛県のパールの産地である愛南町の主催です。
応募資格には特に制限がなく、
条件は日本産の真珠を1つ以上使うこと、
シルバー925以上の銀素材をメインに使うこと、
身に着けられるもので、未発表のもの、でした。
応募は銀粘土をやっていらっしゃる方や、
日本装飾クラフト学院の生徒さんが多いのかも。。。
詳しい応募要項はこちらからどうぞ。
受賞者リストはこちらから~。



・・・で、今悩んでいるのが、授賞式。
会場は愛媛県の松山から電車とバスを乗りついで3時間以上掛かるところ。
こんな機会がなければ一生行く事無いだろうし~。
最優優秀賞はご招待ですが、特別賞は旅費、宿泊代共に自腹なので、
5万円位はかかりそうなのね。
しかもその日はフリマ出展も申し込んでいる。。。


もう1つの理由は、授賞式の前の週には、高松に行く事になっているんです。
こちらの目的は瀬戸内国際芸術祭です。

2週続けて四国に行く・・・?


ん~~~~、どうしよう。 o( ̄ー ̄;)ゞ



[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

刻印 

2010/09/22
Wed. 09:56

オーダーリング2本にそれぞれ刻印を入れました。
文字数が結構長くて、途中で間違えないようにドキドキしちゃいましたが
無事終了~。

刻印の入れ方には数種類ありますが、
今回はこの刻印機で。。

刻印機


結構アナログな機械です。
上部の白い三つの爪でリングを固定し、
下のディスクの文字をなぞると、縮小された文字が刻まれます。
文字送りはレバーを操作しながらピッチも変えられます。

でも、途中で集中力が途切れると、
どの文字まで打ったっけ?文字送りはしたっけ?と
解らなくなり、続きに気を使います。

刻印機を扱っている人がいたら、話しかけずに
そ~っと作業に集中させてあげましょう~。



こちらは「SILVER」「K18」などの金種用の刻印です。

刻印2種


曲がっているのはリング用の刻印で
リングの内側のカーブに沿うように、刻印面もカーブしているんですよ。
こんな感じで使います。(実際はノートの上じゃ打ちませんが~)
曲刻印


この刻印は小さな金槌でコンっと打ちます。
真っ直ぐに打たないと、文字に薄い部分ができてしまったり、
力加減によっては、反動ではずんで2重になってしまったりと、
簡単なようで難しいの・・・。


ちなみにリングの刻印は指の側面に当たる部分に打つのが一般的です。
理由は、手のひら側だと、サイズ直しの時に影響を受けるからです。


そのほかレーザー刻印というのもあります。
フォントの種類や大きさも多種多様で、写真も大丈夫なんですよ。


で、オーダーのリングは納品が済んだら、お見せしま~す。





[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

「彫金の風景II」を観てきました 

2010/09/17
Fri. 17:44

昨日は雨の中、Oliveさんに付き合って頂き、芸大アートプラザで開催中の「彫金の風景II」を観てきました。
芸大の美術学部工芸科彫金研究室の名誉教授や先生方による作品の展示と販売です。

今回拝見したのは彫金技法で作られたものなので、
私が普段作っているロストワックス製法とは作り方が違いますが、
作品の鑑賞はもとより、ディスプレイの仕方や、お値段なども含めて
興味深々で観て来ました。

面白かったのはディスプレイ用の台と作品がセットになっていたもの。
素朴な雰囲気の陶製の台にアクセサリーがセットしてあり、1つの作品になっていました。
オブジェにリングがセットできるようになっていたものもあり、
身に着けるだけでなく、インテリアとして飾れるアイデアが素敵~
私もいつかトライしてみようと思います。


この展示は今月26日まで開催中です。


芸大アートプラザ



ところで、Oliveさんから素敵なプレゼントを頂きました。

パスケース by Oliveさん


カルトナージュで作ったパスケースです。
フランスのレトワールデュソレイユの生地を使っています。

Oliveさんの作品は、ラブリーな花柄等が多いんですが
「そういうのは好きじゃないかと思って・・」と、選んでくださったのがこれ。
さすが長い付き合い、良く判っていらっしゃる!

その他Oliveさんの色々な作品を見たいかたはOliveさんのブログへGO
多趣味な方なので、フラワーアレンジや、マインシュティールなど色々ありますよ~。





[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

リングサイズはゲージを使って計りましょう~ 

2010/09/15
Wed. 18:02

リングの制作を頼まれた友達から手紙が届きました。

「サイズを確認したら連絡するね~」って別れたきり連絡がなく、
リングゲージを送ろうかと思っていた所です。


メールじゃなく何故手紙???


って思ったら、入っていたのはコレ・・・・!


これで作るのは怖すぎる。。。


ええぇ~~~~~???


こ、これは・・・・・・

ちょっと大胆すぎやしないだろうか。。。
思わず笑っちゃいました。
でも、色々考えてこれで測ってくれたんでしょうね。


宛てにするつもりはありませんでしたが、
試しに赤線の外側で切ってサイズ棒に巻き付けてみたら、
18号以上あるんですけど~

瞬間彼女の手元がどんなだったか。記憶をたどりました。
ちょっとポッチャリめの方ですが、ちょっと大き過ぎるし
これを頼りに作るのは無理、危険すぎる

という訳で、急遽リングサイズゲージを発送しました



で、先ほど友人から連絡があり、12.5号になりそうです。
全然違うじゃん~




ところで、結婚する時に貰った婚約指輪がとうとう入らなくなりました
すこし指なじみを良くすれば、イケそうな感じもしますが、
もう少しウデが上がったら、リフォームしてみようと思います。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

泡シリーズ? 

2010/09/14
Tue. 01:36

以前ちらりとお見せしたものですが、
ヒモをつけてこんなになりました。

泡

丸が沢山重なって泡のようにみえます。
ややプリミティブ感が漂いますね。
トップにボリュームあがるので、紐も重ねてみました。



・・・でも~

このヒモ、綺麗なんですが、仕様しているとキラキラ感が減ってくるようなので
皮紐か他の素材と取り替えるかもしれません。
シルクコードも見てみるかなぁ。





[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

3way ネックレス 

2010/09/13
Mon. 00:29

こんなのできました。

3way ネックレス


リバーシブルです。


で、つけるとこんな。

3way ネックレス 2


丸とブーメラン型のパーツを同じ位置につけることも、
ブーメラン型のトップだけにする事もできます。


ん~、でも微妙な形と大きさで、ちょっと着け難いかな。
ってことでまたアレンジバージョンができるかも~。



[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

リベンジのマン・レイ展 

2010/09/10
Fri. 01:26

マン・レイ展に行ってきました。

数日前の午後、時間があったので、安売チケット屋さんに立ち寄ってみたら、
1500円のチケットが500円で売っていました
これはお買い得!
シメシメと購入し、イソイソと六本木に向かいました。


でも美術館の前まで行くと・・・・・・


・・・・あれ?? 門が閉まってるよ???


門には「休館日」のサインが

ふぇ~ん。。。
美術館の休館日は月曜日だと思い込んでましたが、
ここは火曜日が休館だったのです。

く~~~、一転がっくしな午後に・・。_| ̄|○ il||li

という事で、再び六本木へ~。


まだ学生だった頃、ちょっと変わった作風のモノが好きだったので
マン・レイは懐かしい。
久し振りに「ダダ」という言葉も聞きました。
ダダとは既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃する思想をもった
芸術のムーブメントの名称で、彼はダダイストでした。

写真、絵画、オブジェの他にも、チェスのコマの設計図も書いていて
とても器用な人だったんですね~。
探究心の強い人で、自分の理想を追求しているうちに、周りが認めはじめ
クライアントが増えていったようです。(羨ましい)

色々なアーティスト、女優さんのポートレイトや、
ピカソやモディリアーニなど、他の画家の作品を撮ったものもあり、
展示数は結構ありましたが、飽きずに見られました。



マン・レイ展の後は、同じ美術館で「陰影礼讃」という展示を梯子しました。

国立美術館所蔵の作品を影をテーマにまとめたものです。
モネ、横山大観、岸田劉生、ウォーホール等、
国内外の有名どころの作品が見られてお徳な気分・・

マン・レイとも交流のあったマルセル・デュシャンの
レディメイド(既製品にサインをしただけ/若干手を加えただけの作品)
もあり、ちょっとにんまりでした。
一部屋使ったビデオのインスタレーションも面白かったな。


最近はわりと正統派やクラッシックな展示を見る事が多かったので
久し振りの近代アートな一日でした~。



新国立美術館外観@


新国立美術館入口@

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

柔らかな曲線リング 

2010/09/09
Thu. 00:53

にゅるりんリング


これが


wavy line ring



こうなって


wavy lines ring_f



こうなりました。


wavy lines ring




指につけた感じはなかなかです。
ペアでもいけるデザインです。



明日は樹脂を使ったペンダントトップを作ってみようと思っていますが、
私らしくないものが出来る予定です~
どんだけミスマッチかは出来てからのお楽しみ~



[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

弱ってきた目に・・・ 

2010/09/05
Sun. 00:44

毎日のように言ってるけど。。。
今日も暑かったですね。

もう9月だというのに、庭にはまだスズメの親子がやってくるんですよ。
いままでこの時期にヒナを見た事ないんですけど、
この暑さなので、まだ夏だと思っているのかしら。

庭に水を撒くと、どこからかともなくハチや蝶も飛んできて、水分補給していきます。
なので最近は意識的に葉っぱの上に水滴が付くように
水を撒いていますが、それもあっという間に乾いてしまいます。
鳥も虫たちも猛暑を乗り切るのは大変なんだろうなぁ。
今年はウチに来るスズメのヒナの数が少ないように思います。


さて、前回私の目が使い物にならないと書きましたが、
いよいよ買っちゃいましたよ、ヘッドルーペ。
以前から気になっていたところ、たまたま立ち寄った
ハンズメッセ(東急ハンズのセール)で見つけたので、つい・・。

細かな作業はこれがあるとやっぱり楽!
これから石留めに活躍しそうです。

年取るって・・・というか、身体が衰えるってイヤね~・・・

ヘッドルーペ&ワックスフィニッシュ



お隣の箱はワックスの原型を仕上る時に使うもの。
こちらもお試しで買って見ました。
これで少し強めに擦ったら、細かなヤスリの跡や
CAD目(浅いもの)も取れましたよ。
でも、こんなの使わないで綺麗に仕上られる人には
モチロン必要ないものです~( ̄∇ ̄;)



[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

お値段には理由がありました 

2010/09/02
Thu. 01:35

※文中にある石の価格の計算を間違えていたので修整しました。
1.5倍ではなく正しくは3倍でした。



この間黒いキュービックジルコニアを買いました。
家に帰ってライトの下で見てみたら・・・

あれれ??
白っぽく見える部分があって、最初ホコリがついているのかと
指でこすっちゃいましたが、取れません。
ルーペで覗いてみたら、表面がザラザラで光沢が無いのでした。
プロポーションも悪いし、高さにもばらつきが・・

お店では気が付きませんでした。
袋に入っていたのと、小さくてよく見えなかった(-_-;)



一方最近アートクレイの定番商品となった、
スワロフスキー製のキュービックジルコニアを見てみると
全然違います! 形も研磨も綺麗です。

こちらはGIA(米国宝石学会)が定義するダイヤモンドの
カットクオリティに基づき開発されたものだそうです。

どんだけ違うかというと~、



blk cz


んねっ。上はガタガタでしょ~。
石の直径(2mm)は大体そろっているんですが、ガードルが厚いし、
その厚みもバラバラ。軸もずれているのがあります。
マシーンカットと書いてあったんだけど、こんなものなのかなー。


下のはスワロのもので、お値段は、定価換算で約3倍違います。
まあこの差をみると納得。。。
やっぱり綺麗に仕上がる方がいいよね~。
上の石、結構買っちゃったんですが
これは・・練習用と自分用にします。


今まで品質の安定しているものを買っていたので、油断していました。
これから石を買う時にはルーペを持っていかなくちゃだわ。(というか常識?)

もう私の肉眼は役立たずね。。。




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

製作中リングです 

2010/09/01
Wed. 01:10

今は幾つかのリングを同時進行して作業しています。

写真の二つはどちらもバレルをかけて湯口をとった状態です。
上のはてっぺんに湯口が付いていたので、石を入れる部分の抜き穴がつぶれちゃってますね。。

3本腕パヴェ



wavy line ring


これ以外にも、こからキャストに出すものと銀粘土で作っている物も。
キャストするほうはオーダー品なので、ちょっと緊張感が走ります~。



ところで、スクールの先生と話していたら、
「ワックスの仕上も磨きも男子の方が綺麗みたい」と言っていました。
たまたまなのか、性別に傾向があるのか。。。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2010-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。