ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

久しぶりにできたどー! 

2009/05/02
Sat. 02:40

いよいよGWですねぇ。
旅行にいらっしゃる方、のんびりリラックスする方、
それぞれ思い切り楽しんでくださいね。
いつも通りお仕事される方は、頑張ってください!

毎日が日曜日の私は、GWを狙ってでかける必要性がないので、
あえて家で過ごそうと思っています。

昨日はあるきっかけで「やる気スイッチ」が入り、
去年から放置していた作りかけの銀粘土作品を、
やっと仕上げる事ができました~。
あまりに昔の事で、ご記憶に残っていないと思いますので、
過去記事参照下さいませ。

これのヒトデ君(小)にちょっと手を加えて、青い石を入れてみました。
身につけると程よいボリュームで、大人っぽい感じです。(私でも大丈夫~)
近々に改良版を作るかも。

銀粘土_starfish
約4cmx3.7cm


つづいてブタさんのペンダントヘッド。(これは自分じゃ着けられない)
全長約1.5cmと小さいので、
小さな字が見ずらくなってきた私には、
なかなか大変な作業でした~。
まだつや消しの状態ですが、磨いて燻すかどうか、思案中です。
おシリにハートを彫ってあるので、燻すと、それがくっきり出る予定なんですけれど~。
白ブタさんの方が可愛いかなぁ。

銀粘土_boo2
H1.1cmxL1.5cmxW0.9cm(丸カンを含まない寸法)

あまった粘土で携帯ストラップでも~と、
ぷっくりした形に、Aのイニシャルをスタンプしてみました。
これは燻してAの字を黒く出すつもりです。
銀粘土_A
Φ1.3cmxH0.3cm

葉っぱと、ヒトデ(大)も仕上げなくちゃねぇ。。
暫く腕ならしは続く模様ですので、頑張ります。


この間江ノ島で拾ったビーチグラスと
銀粘土の組み合わせも考えているんですよ~。

でも高温で焼くと、ガラスの表面が溶けて
柔らかい風合いが無くなってしまう可能性があるので
まずはビーチクラスを700度で15分焼いてテストしてみました。


結果は・・・・
beach glass before&after

右側が焼成したものです
原型はとどめたものの、予想通り透明になってしまいました。。。
(ヒビは元々)
これなら普通のガラスと変わらなくなっちゃう。。


今度650度まで温度を下げて、もう一度テストしてみます。
これでダメなら風合いを残したまま、銀粘土一緒に焼成することはムリなので
別の方法で組み合わせないと~。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/122-9116d747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。