ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

悲しい時 

2009/05/11
Mon. 02:20

このところ、忌野清志郎さんの大ファンの友人から何通かメールをもらいました。
彼女は告別式で献花もしてきたそうです。

「涙が止まらない。
悲しい時は、泣いても気持ちが落ち着くものではないと知った。
今更ながら、akikoちゃんは辛かったんだろうなと、思った。」
というような内容でした。

当時の私は、昨日まで暖かかった体が冷たくなり、もう動かない事や
数日後には、お骨になり、お骨壷に収まってしまった事が、
頭では判っていても、気持ちではなかなか理解できませんでした。
見たこともない夫の骨を見たって、これが夫だとは思えない。

ただ、ただ、悲しい。
悲しくて、涙があふれてくる。

よく一緒に歩いたこの道も、これから隣に夫が立つ事はない。
いつもの横顔を見ることも、もうない。

解っているけど、信じられない。
ただ、ただ、悲しい。

友達も色々声をかけてくれる。
ありがたいけど、悲しいのは収まらない。
いっとき気が紛れても、すぐに悲しい気持ちが押し寄せてくる。


・・・友達は今同じように感じているんだろうなぁ。
私には何も出来ないけど、気持ちは想像できるよ。

ここにも同じような体験をして、
「あなたの気持ちが近い線で想像できるよ」って人がいる事で、
少しは気持ちが楽になるだろうか・・。(解るとは言えない)

清志郎さんのことだけでなく、悲しい思いをされている方は大勢います・・。
焦らず、時間をかけて、気持ちに折り合いをつけていって欲しいと思います。
そしていつか泣かない日が来ることを願っています。忘れるって事ではなく。
(私は1年以上かかったと思います)


夫の死後、この夏で2年経ちますが、実は私はいまだに実感が沸いてないんですよ~。
会えないだけで、遠いどこか(あの世?)には存在していると思っています。
これが私の折り合いのつけ方かなぁ。

実際いなくなった後も、頼れる人は総動員して、メッセージを伝えてくれたし。
ありがとね~。(^^)/


[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

コメント

★なべさん

なべさんが、じおんや私の事を思い出してくれたのが嬉しいです。
私はたった一人で受け止めた訳じゃなくて、大勢の友人が一緒に受けて止めてくれました。なべさんも一緒にね~。
経験してみないと解らない事って沢山あるよねぇ。
こうして人は成長していくんだねぇ。

それにしても清志郎さんは大勢の人に感動を与えていたんだなぁと改めて思いました。
ご本人もファンの方から多くの事を受け取っていたのでしょうね。
まだ発病前にTVの番組で、「死ぬ時は、自転車で休んでいる時に死にたい」と言っていた時の、照れくさそうに嬉しそうなお顔を思い出します。

akiko #- | URL | 2009/05/13 13:21 * edit *

No title

akikoちゃん
ありがとう。本当に。
「忘れるって事ではなく、気持ちに折り合いをつける」って本当にそうだよね。

告別式の日は、沢山の人がいました。
私よりの年配の白髪交じりの女性が、清志郎のリストバンドをつけて大きな花束を持って、お化粧をしていない顔の目を腫らしていたり。乳母車と子供の手を引いてコンサートの時のグッズのTシャツを着た若いお母さん。杖をつきながら並んでいた初老の男性。
1時過ぎは凄く暑かったけど7時過ぎには涼しくなって、献花するときにはもう暗かった。
そのときにakikoちゃんの事を色々考えました。
わたしにとって清志郎さんは生活の一部だったけど、akikoちゃんにとってじおんさんは生活の半分以上、人生を共有していた夫で、そのじおんさんが亡くなるってどんなに辛かったんだろうって。
私は、見も知らない人達と清志郎さんの事を話しながら、亡くなったと言う事をだんだん「本当なんだ」って思ったけれど、たった一人で人生を共にしてきた人を亡くした事実を受け止めなくてはならなかったったakikoちゃんは、どんなに大変だったんだろうって。
私の気持ちなんかとは比べることができない位、身が張り裂けそうだったんだなって。
励ましてくれてありがとう。
折り合いが付けられる日が来るように頑張ります。
この年になっても知らない事は沢山ありました。

なべ #- | URL | 2009/05/12 23:28 * edit *

★EMMAへ

私も同じように感じているよ~。
連絡とれないだけだって。

でもたまには話したくなったり、会いたくなったりするよね・・。
なんで傍に居てくれないんだろう、と、悲しかったり、腹が立ったり、
一瞬バランスが崩れる。。でも、立ち直りは早くなった!

akiko #- | URL | 2009/05/12 02:03 * edit *

★鉈豆さんへ

今週末納骨なんですね。
淋しいでしょうけれど、ある意味これでまた一区切りですね。
私も闘病モノのドラマや映画はあまり観たくないです。
普段は忘れていても、何かをきっかけに波がやってきます。
それでも波の頻度はかなり少なくなってはいるので、やっぱり時間の経過しかないのかなぁ。

akiko #- | URL | 2009/05/12 01:56 * edit *

★piroさんへ

私も折り合いを付けたつもりでも、やっぱり思い出せばホロリときます。特に1人で家にいる時には。
時間かかりますよね。

1年を過ぎるまでは、「去年の今頃は・・」って、なにかにつけて思っていたけれど、段々と「2年前の今頃は。。」とは思わなくなってきて、「もう2年たったのか」という、感じに変化してきたかもしれません。

akiko #- | URL | 2009/05/12 01:49 * edit *

う~~ん・・・

私も・・・親友を亡くして・・・もう数年・・・未だに実感がない。
SMAPの【世界に一つだけの花】を聞くと彼女を思い出す。
自然と涙が出る時も・・・
そう、彼女は 本当に 世界に一つダケの花 となって
天国に行ったのよね?
正直、亡くなった!と言うよりも、
彼女は何処か旅をしている気持ちでいるよ。

人の死・・・
私はなかなか 気持ち的に理解出来ないし、整理出来ない・・・

だから、天国へ旅立った人は
連絡が取れないダケで何処かで生きている!
って思っているよ。

EMMA #8Y4d93Uo | URL | 2009/05/11 18:38 * edit *

No title

自分も、もぉ7ヶ月も経ったのかと振り返ってしまいました。
さっきまで高熱の為に熱かった手が、どんどん冷たくなるのをじっと握っていたのを思い出しました。 
今週末納骨になります。 昨日その為にお墓の掃除に行って涙が止まりませんでした。 居ない事には慣れたようでマダマダなんだなーと思っちゃいました。

人が亡くなるって事も、今はまだ耳を塞ぎたいです。 追悼の式典なども見たくないですねぇ。。。 いつか慣れるのかな(--;

鉈豆 #- | URL | 2009/05/11 16:13 * edit *

No title

折り合い、その表現がぴったりだと思います。何事もなかったかのように記憶から消え去ることも無いですし、記憶にありつつも涙が出ないように折り合いをつけるのかな?!納得して送り、後悔は無いにもかかわらず、日にちが浅いせいか、ワンコのことは思い出すとまだ涙が出ます。変に時間が出来てしまい、考えてしまうと泣けるので、今は空き時間はひたすらテトリスをやってます。それでも車を運転している時やお風呂に入っている時や眠りに落ちる前はどうしても考えてしまいます。私は折り合いをつけるにはもうしばらく時間がかかりそうです。

piro #- | URL | 2009/05/11 12:43 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/127-fe92446a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。