ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

アートクレイカッパー 

2010/02/21
Sun. 01:14

去年、アートクレイから新しく出た銅粘土を使ってみました。
(講習会には行かなかったの・・)

実はこの粘土、お世話になった先生から、頂いたものです。
先生はアレルギーが出て使えなかったそうです。詳しくはこちらで~。


慣れの問題もあるだろうけど、ちょっと使いにくかったかなぁ。
まず、道具を銀粘土と分けないとならないのが、面倒です。

粘土の質感は柔らかくて弾力がある感じ。
でも、粘土同士は馴染みにくいので、ちょっと成形しにくく感じました。
粘土はラップで包んでおいても、時間が経つと酸化して黒くなってきてしまいます。

先生から頂いた粘土も一部黒くなっていたので、まずその部分を取り除く処から始まりました。

こちらは乾燥後の造形を終えたものです。
銅粘土造形

テラコッタのような色と質感ですが、削りかすはどんどん10円玉の色に。。
爪の間にはいった削りかすも、黒ずんできて、汚い指先になってしまいました。

造形後、自然乾燥で1晩おきましたが、まだ中の方は乾いていなかったので、
保温機の上で温めてみたら、ムラになって変色してきたぁ~。

銅粘土乾燥


実はこの保温機、何度になるのか知らないのです。
銅粘土の説明書には250度以上で乾燥させるなと書いてある。
大丈夫なのか???


焼成は970度で30分。結構高温です。
焼き上がりはこんな感じに黒く酸化膜ができます。
銅粘土焼成

で、熱々のまま水の中にジュッと入れると、
パリパリと音を立てながら、この酸化膜が一気に剥がれ落ちました。
でも、完全に綺麗にはならないので、
強い酸性の液体(ピックリングコンパウンド溶液)に暫く浸して、
さらに酸化膜を取り除きます。

銅粘土酸洗い

このあとこの液体がもっと濃い青緑色に変色しました。

次は重曹を溶かした水につけて中和させ、
いよいよ磨いて仕上げです。

手に取ってみると、作品が結構薄くなっている・・。
結構厚みのある酸化膜が出来るので、
造形の際は厚めに作っておいた方がよさそうです。

厚めにはがれるって事は、リングサイズの調整の仕方も
銀粘土とは違ってくるってことよね~。



磨くと、こんな感じになります。
新しい10円玉の色ね。
磨きやすさは銀と変わらないように思いました。

今はピンクゴールドみたいで綺麗だけど、
時間と共に茶色い10円玉の色になると思われます。
それを防ぐには硫化防止の処置をしておかないとなりません。

銅粘土しあげ


左上のリングは、出来上がりの厚みが0.8mmと、随分薄くなってしまいました。
どれどれ、硬さはどんなものかしらん???
曲がっちゃうかな???

と、力を入れてみたら、穴をあけたところが、ポキッと折れましたぁ~

シルバーでも同じようなの作って何枚か重ねようと思ってたのに。。。
黒ずみの経過はこれで見ることにしましょう。







[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

コメント

★piroさんへ

piroさん、お久しぶりです!
そうですね~。今回は薬品を使ったので、実験ぽいですね。
今回使った液は酸が強いので、洋服につくと穴があく場合もあるそうで。。。
ガスバーナーを使うこともあるし、ジュエリー作りは結構危険(?)を伴います。(^^ゞ

粉砂糖とアーモンドプードル買ったのに、未だにクッキーが作れていません。。。
焼いているのは粘土ばかり・・。

akiko #- | URL | 2010/02/22 18:25 * edit *

Akikoさん、ご無沙汰してます。
おもしろいですね、銅粘土。
理科の実験みたいですね。(理科の実験、大好きでした)
怪しい(失礼)ムラムラなハートがピカピカになるなんてびっくりです!

piro #- | URL | 2010/02/22 15:03 * edit *

★黒犬先生(笑)

この度はお世話様でした。<(_ _)>
焼きたてを水に入れたとき、酸化膜のはがれ方が激しくて、本体にもヒビが入ったかと、ヒヤヒヤしましたよ~。(汗)
軽量粘土は焼いても純銀にはならないんでしたっけ?

akiko #- | URL | 2010/02/21 21:47 * edit *

お疲れ様です

銅粘土お疲れ様でした~
酸化膜、すごかったでしょ?(笑
なんだか10円玉の香りがするし…

そうそう!先日、軽量粘土も使ってみましたよ。
道具は分けなくて大丈夫らしいけど、混ぜるのはあんまり良くないらしいです。
でも、削りカス混ぜちゃったヨ~(混ぜてから知ったのです)

黒犬 #sj93pB3o | URL | 2010/02/21 21:19 * edit *

★シンゲンサンさんへ

CADは切削やキャストちがありますもんね。
銀粘土はあまり時間もかからないし、大げさな道具もいらない点が魅力です。
でもCADも違った世界が広がって楽しいです!
それぞれの特徴を生かしたものが作れたらいいなと思っています。

akiko #- | URL | 2010/02/21 13:04 * edit *

面白い!!

色の変化みてるだけでも ヒヤヒヤして どうなるのか面白いですねv-14
グラディエーションのある時の色も綺麗ですね!
CADと違って すぐにカタチになるのが いいですねv-238

シンゲンサン #- | URL | 2010/02/21 12:08 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/294-2cf2300a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。