ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

セクシー司書(?)の勘違い 

2010/03/04
Thu. 00:16

普段はコンタクトレンズの私ですが、この間英会話に眼鏡でいきました。

「可愛い眼鏡だね!」と誉めてくれたので、
「ちょっと図書館司書みたいじゃない?」と言ったら、
「うん。でもただの司書じゃなくて、セクシーな司書だよ」と。

この先生、いつも髪型や洋服について、ひと言誉めるタイプです。

「素敵な髪だね」
「そのペンダント可愛いね」
「その服、とても似合ってるよ」など。

こういうところはやっぱりアメリカ人ねー、と思います。


SF旅行中も、"Nice hair!" とか、"Good morning, pretty lady!" とか
(この時は、よしっ。マダムじゃなくて、レディーだっ と、心の中でガッツポーズ!
とすれ違いに声をかけられたりしました。

軽いとか、怖いとか、面倒に感じる人もいるかも知れないけど、
私的にはウエルカムです。

そう言ってくれたら、こっちもニッコリ笑顔をお返ししちゃいますよ。
(でも歩くスピードは緩めない)


日本人男子も、もっと女性を誉めてあげると良いと思うな~。
誉められなくても大丈夫だけど、誉めてくれたら嬉しいものですよ。
いつも言われていると、ヘンな姿を見せて
ガッカリさせたくない気持ちになって来たりもするし。(勘違いでもいいのだ)


女性も謙遜しすぎたり、照れたりしないで、
自信を持って素直に賞賛を受け入れちゃいましょう~。




[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

★piroさんへ

斜体の文私も性別に関係なく、なるべく表現するようにしたいと思います。(勘違いされない程度に(^^ゞ)

靴の件、ありがとうございます!
トレッキングシューズ等がいいかもしれませんね。
転んで汚れてもいい服で行ってきます~。

akiko #- | URL | 2010/03/04 12:25 * edit *

わお、セクシー司書さん。司書さんとか秘書さん(シャレじゃないですよ)ってメガネの方がきりっとかっこよく見えますよね。
外国人の方は褒めるのが上手だな、と思ったことがあります。私も英会話教室に通っていた時ノーアクセ、超カジュアルないでたちでオンナとして褒める要素ゼロだったんですが、笑った時にアメリカ人の先生に「Nice teeth!」と歯を褒められたことがあります(笑)日本人では絶対ない発想ですよね。
北海道話ですが、私が履いていった雪用ブーツとは滑り止め目的な本格的な雪用ブーツではなく、もこもこががっつり着いた防寒目的のブーツです。少々靴底の溝が深めなものを選びましたが、これだけでは滑るかな、と思って靴に巻き付けるタイプの滑り止め(スパイクみたいなもの)を持って行ったのですが、使わずに歩けました。ハイヒールや靴底に溝がない靴以外なら大丈夫そうですよ。ドンくさい私でさえこけなかったので。

piro #- | URL | 2010/03/04 09:12 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/299-a1d6652e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。