ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

お値段には理由がありました 

2010/09/02
Thu. 01:35

※文中にある石の価格の計算を間違えていたので修整しました。
1.5倍ではなく正しくは3倍でした。



この間黒いキュービックジルコニアを買いました。
家に帰ってライトの下で見てみたら・・・

あれれ??
白っぽく見える部分があって、最初ホコリがついているのかと
指でこすっちゃいましたが、取れません。
ルーペで覗いてみたら、表面がザラザラで光沢が無いのでした。
プロポーションも悪いし、高さにもばらつきが・・

お店では気が付きませんでした。
袋に入っていたのと、小さくてよく見えなかった(-_-;)



一方最近アートクレイの定番商品となった、
スワロフスキー製のキュービックジルコニアを見てみると
全然違います! 形も研磨も綺麗です。

こちらはGIA(米国宝石学会)が定義するダイヤモンドの
カットクオリティに基づき開発されたものだそうです。

どんだけ違うかというと~、



blk cz


んねっ。上はガタガタでしょ~。
石の直径(2mm)は大体そろっているんですが、ガードルが厚いし、
その厚みもバラバラ。軸もずれているのがあります。
マシーンカットと書いてあったんだけど、こんなものなのかなー。


下のはスワロのもので、お値段は、定価換算で約3倍違います。
まあこの差をみると納得。。。
やっぱり綺麗に仕上がる方がいいよね~。
上の石、結構買っちゃったんですが
これは・・練習用と自分用にします。


今まで品質の安定しているものを買っていたので、油断していました。
これから石を買う時にはルーペを持っていかなくちゃだわ。(というか常識?)

もう私の肉眼は役立たずね。。。




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/393-76adfc70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。