ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

刻印 

2010/09/22
Wed. 09:56

オーダーリング2本にそれぞれ刻印を入れました。
文字数が結構長くて、途中で間違えないようにドキドキしちゃいましたが
無事終了~。

刻印の入れ方には数種類ありますが、
今回はこの刻印機で。。

刻印機


結構アナログな機械です。
上部の白い三つの爪でリングを固定し、
下のディスクの文字をなぞると、縮小された文字が刻まれます。
文字送りはレバーを操作しながらピッチも変えられます。

でも、途中で集中力が途切れると、
どの文字まで打ったっけ?文字送りはしたっけ?と
解らなくなり、続きに気を使います。

刻印機を扱っている人がいたら、話しかけずに
そ~っと作業に集中させてあげましょう~。



こちらは「SILVER」「K18」などの金種用の刻印です。

刻印2種


曲がっているのはリング用の刻印で
リングの内側のカーブに沿うように、刻印面もカーブしているんですよ。
こんな感じで使います。(実際はノートの上じゃ打ちませんが~)
曲刻印


この刻印は小さな金槌でコンっと打ちます。
真っ直ぐに打たないと、文字に薄い部分ができてしまったり、
力加減によっては、反動ではずんで2重になってしまったりと、
簡単なようで難しいの・・・。


ちなみにリングの刻印は指の側面に当たる部分に打つのが一般的です。
理由は、手のひら側だと、サイズ直しの時に影響を受けるからです。


そのほかレーザー刻印というのもあります。
フォントの種類や大きさも多種多様で、写真も大丈夫なんですよ。


で、オーダーのリングは納品が済んだら、お見せしま~す。





[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/401-2cbfa305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。