ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

瀬戸内国際芸術祭 その5 

2010/10/19
Tue. 15:49

さて最終日、とりあえず女木島へ渡り、時間があれば男木島へよることに。
お天気は回復しました

まずは鬼が島伝説のある洞窟へ。
洞窟の入口や中には、いかにも地方の観光地っぽいオニの人形があちこちに・・。
なんとなく小学生が遠足で行くような場所?

この中にも何点か作品があるのですが、
芸術祭とは関係なさそうな、年配女性の団体ご一行様と一緒になりました。
瀬戸内国際芸術祭_鬼が島洞窟

ご一行様が洞窟の中で作品を見つけると
「なんだこれ?」「あ、これがアートや」「アートや、アートや。」
と、あちこちで「アート」の連呼がはじまりました。

瀬戸内国際芸術祭_サンジャ・サソ_鬼合戦あるいは裸の桃の勝利


「これは男やな。ほれ、○ン○ン着いとるじゃろ」
「これがアートかい。・・・・つまらんねぇ。」

思った事を素直に口にする賑やかな皆様でした~。


男木島への時間はなさそうだったので、港付近でのんびり過ごしました。
お天気も良く、海の景色もきれいで、本当に気持ちよかったですよ。

瀬戸内国際芸術祭_禿鷹墳上_20世紀的回想

瀬戸内国際芸術祭_木村崇人_カモメの駐車場


瀬戸内国際芸術祭_megi house

個人的にはとても楽しませていただいた芸術祭なんですが、
島の住民の皆さんは大勢の観光客が訪れる事を、どう思っているのしら?
と思っていました。
環境破壊と言われた作品もあるようですし・・。

静かに暮していらっしゃったのに、急にドヤドヤと人が押しかける事に
否定的ではないのだろうか?
私達、うるさくないかな??
(作品を見る為だけど)畑に入りこんで大丈夫なのかな??
フェリーやバスも混んでしまって、島の方達には超ご迷惑な状態なのでは~??

私の目に映った方々は、訪れる人達と会話をするのが楽しそうでしたし、
芸術祭の地となり、誇らしく感じていらっしゃる印象も受けました。
でもそれは前面に出ている方としか接していないからかもしれません。

芸術祭に関与していない方は、会期がが終わると
「ヤレヤレ」と思う方も少なくないのでは・・・と、
個人的には思っています。


芸術祭は3年後の2013年にもまた開かれるそうです。
次回も是非行ってみたいと思っていますが
ご迷惑にならないよう気をつけます~。


瀬戸内国際芸術祭_女木港


[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

★シンゲンサンさんへ

ベネッセハウスはちよっと高いですよね。。。
私は高松港すぐ近くの全日空クレメントホテル高松に泊りました。
JR高松駅にも近いし、お部屋もゆったりめでお勧めですよ~。
直島は今回じっくり見られなかったので、いつか再訪したいです。v-290

akiko #- | URL | 2010/10/21 22:58 * edit *

素敵なたび。。。

私も 関西に住んでた頃 ベネッセハウスに泊まりたくて直島を調べてましたが 予算オーバーで延期にしてました。。。
こんな綺麗な島で芸術祭もやってる時に行けて 羨ましいですv-14
私も 3年後には 行ってみたいと思います。

シンゲンサン #- | URL | 2010/10/21 19:24 * edit *

★Oliveさんへ

今回見たものは広いスペースを使ったり、野外ならではの作品が多く、その空間の中で作品を感じられたのが新鮮でした。

海、山、風、空、太陽、緑 ・・・
普通の景色が綺麗なので、それだけでも感動的でしたよ~。
今回の旅行は「気持ちよかった」印象が強いです。
猛暑を過ぎて季節的にもよかったのかもね。

akiko #- | URL | 2010/10/20 10:56 * edit *

行った気分に

楽しかったわ~。お写真とってもきれいなので、私まで旅気分!
自然の中のアート作品って、やっぱり難しいところありますよね。
作者が心を素直にして、謙虚に取り組まないと受け手は違和感
感じてしまったり・・・。
バランス感覚が大事ってことでしょうか。
でもこういった芸術祭がきっかけで、島の方々とも
お会いできたんですもんね。
私も体験してみたくなりましたv-108

Olive #- | URL | 2010/10/20 09:38 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/411-261f98cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。