ルーペ越しの試行錯誤

のほほんジュエラーが作る小さな宝物と、お気楽な日常

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

「ガン呪縛」を解く 読んでます 

2009/02/27
Fri. 00:23

先月訪れた徳島の友人から 『「ガン呪縛」を解く』(著者 稲田芳弘氏)が
送られてきましたので早速読みはじめています。
過去参考記事 http://hanegin.blog60.fc2.com/?q=%A5%AC%A5%F3%BC%F6%C7%FB

内容は現代医学の勘違いに基づいて構成されてきたガン医療を覆す
「千島学説」についての本です。
なぜ今の勘違いが起きたのか、なぜ千島学説が受け入れられなかったのかなど
現代医学の理論の不透明性について述べています。

抗がん剤、放射線、手術に関しては、効果的ではなく、返ってリスクが高いと否定的でした。

また、ガンは赤血球が変化したもので、局所的な病気ではなく、切ればいいというものではない。
血液の劣化を正す必要があり、その為には食事が重要だが、
それだけではなく「気」や血流やエネルギーの流れを正す事も必要との事。
このあたりまで進むと物理学っぽい話にも突入し、
急に読み進むスピードが落ちてしまいましたよ~。(^_^.)

造血の話などは、下地もあるので(夫が白血病だったので)
スルスルと読めましたが、超エネルギーだの、分子だの量子だのが出てくると
なかなか理解でませんがな。。。_| ̄|○ il||li

白血病つながりでこちらに来てくださっている皆様は
よくご存知の「幹細胞」についても真っ向から否定されておりました。
皆さん、骨髄の中にある幹細胞が、赤血球、血小板、白血球に成長すると
先生から説明を受けたと思われます。本にも大抵そう書いてありますよね。

でも千島学説では細胞分裂そのものが否定的で、
全ての細胞は摂取した食べ物から、腸内で赤血球から作られている、という説なのです。
何かの細胞になっても必要があればまた赤血球に戻る事もあると。。

これらはちゃんと顕微鏡下で確認されたで、論文も提出されましたが、
従来の説を根底から覆すものであり、医学会では黙殺されてきたとの事。

で、この千島学説の信憑性について熱く解き明かしているわけです。
なんか長くなりそうなので、丸めちゃいました・・。

でも1箇所どーしても腑に落ちなかったのが、
「造血の定説として、血液は主に手足の長骨で作られているとあるけれど、
障害などで手足の長さが十分出ない人でも元気でいるじゃん。
これって、なんか矛盾してね?」的な事が書いてあったのですが、

長骨じゃなくて腸骨(腰骨)の勘違いなのでは?と思ってしまいました。
私が先生から聞いたのは、子供の頃は手足の骨の骨髄でも造血しているけれど
大人になるにつれ、手足では造られなくなって
重に腸骨や胸骨など大きな骨で造血しているとお勉強した記憶があります。
だから痛いマルクを腸骨や胸骨でグイグイとやられる訳で・・。

【マメ知識】
マルク=骨髄穿刺(こつずいせんし)
検査の為に骨に太い針をさして中の細胞を採取することです。
白血病など造血疾患がある方は避けて通れない痛い検査です。


という事でここで私の信用を落としてしまったりする訳ですが、
食事や気血の流れが大切というのは、判るし、それ以外でも腑におちた箇所はありました。
でもそれだけ正しくて効果のあることならば、なぜ浸透しなかったのか・・。
そこには医療ビジネスも絡んでいるみたいだけど、よく判らないですねぇ。

実際に食事療法や気血の流れを良くして、ガンを克服した方の例も
載っていましたが、白血病に関しては何ヶ月も食事療法している余裕は無いしなぁ。

この学説を信じていいのかどうか、正直わかりません。。
(といって全部に対して懐疑的になっているわけでもありませんよ)



全部読み終わって、また書けそうだったら続編書きます。
消化不良気味ですが、今日はこれで・・。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanegin.blog60.fc2.com/tb.php/86-af2d12c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。